人材開発情報

ハラスメントと暴力に関する実態調査(日本労働組合総連合会)

投稿日:2017年11月24日

ハラスメントと暴力に関する実態調査

・職場でハラスメントを受けた・見聞きしたことがある人は5割半ば

・配偶者から暴力を受けたことがある 女性では3人に1人以上、男性も4人に1人が経験

・交際相手から身体的暴力を受けた人の半数近くが「生命の危険を感じた」と回答

・配偶者や交際相手などからの暴力による影響は仕事面にも “仕事のやる気がなくなる

・ミスが多くなる”は4人に1人、“仕事をやめた”は10人に1人

(以上原文引用※詳細はタイトルをクリックしてください)

2017.11.16 日本労働組合総連合会

人材開発情報の一覧へ戻る