セミナー

H26.6.5 教育担当者向けデモセミナー【無料】※終了しました。

投稿日:2014年6月6日

教育研修ご担当者向けデモセミナー(6/5開催※無料)のご案内

~集団効力感を高め職場目標を達成する~

チームビルディング教育紹介講座(大阪・梅田)

 

◆職場に一体感がない、職場がなぜか冷めている

◆仕事へのやりがいを感じている社員が少ない

◆職場を活性化させるのに管理監督者が苦労している

◆イキイキした職場づくりにつながる教育がしたい!

◆体験ゲームによる“気づき”だけの研修で終わらせたくない

~このような問題意識をお感じのご担当者におススメです!

近年、ビジネスパーソンを取り巻く労働環境として、不安定な雇用に、約束されない定期昇給、反面、人員削減が進み、仕事量が増加するといったことが見受けられます。

 

こういった労働環境の変化により、多くの方が過去の職場と比べて、「職場で協力し合う雰囲気がなくなった」また多くのミドルが「職場の連帯感の欠如」に悩んでいるという調査結果が発表されています。

 

このような状況を背景に近年、いかに「働きがい」を高めるかということを経営課題として挙げ、働きがいを高めることが業績に貢献するという認識が高まっています。

 

当企画は、職場メンバーの働きがいを高めるアプローチとして、「集団効力感」に注目しました。

 

集団効力感(Team Efficacy)とは、「チーム内における、集団に対する有能感に関して共有された信念」のことで、メンバーが、「このチームなら“やれる”“力がある”」と感じることです。

 

このような集団効力感をメンバーが持つことにより、職場に一体感が生じ、活き活きして目標に挑戦することが期待できます。

 

 プログラムは、集団効力感の理論をベースに体験ゲームを交えて、職場が一つになり、職場メンバーが活き活きとして目標に挑戦するマネジメント術を楽しく分かりやすく学ぶことを目的に開発しております。

 集団効力感

参加していただいた皆様には、

・これまでに受けたことのない研修だったので、 興味深く聞くことができ、面白かった。

・体験ゲームで、チーム一致団結し目標達成するプロセスを体感できたのでよく理解できた。

・身近な問題が多かったので、活用しやすい。

といった喜びの声をいただいております。

 

今回のご紹介講座では、上記プログラムにおけるエッセンスをお伝えします。

 

【ご紹介講座の概要】

<主な内容>

1.今なぜ、集団効力感なのか~当教育が求められる理由

2.プログラム説明

チームビルディングゲーム「割れないエッグカートンを製作しよう」

3.チームの集団効力感の振り返り

集団効力感とは

集団効力感を高めるポイント

ゲーム振り返り:自分たちのチームはどうだったか※チェックシート

4.プログラムの紹介

 

<日時>

平成26年6月5日(木)13:30~15:30(受付13:15~)

 

<会場>

グランフロント大阪北館7Fナレッジサロン内

 

<対象>

企業の人事・人材開発・教育・研修のご担当者に限らせていただきます。

 

(お申込み:こちらからお申込みください。)

 

(※定員になり次第受付終了とさせていただきます。ご了承ください。)

セミナーの一覧へ戻る