%e4%ba%ba%e7%9a%84%e8%b3%87%e6%9c%ac%e7%b5%8c%e5%96%b6%e3%81%ae%e5%ae%9f%e7%8f%be%e3%81%ab%e5%90%91%e3%81%91%e3%81%9f%e6%a4%9c%e8%a8%8e%e4%bc%9a-%e5%a0%b1%e5%91%8a%e6%9b%b8-%ef%bd%9e-%e4%ba%ba

人的資本経営の実現に向けた検討会 報告書 ~ 人材版伊藤レポート2.0~

実践事例集

人的資本経営に関する調査 集計結果

(以上原文引用※詳細はタイトルをクリックしてください)

2022.5.13 経済産業省

2700%e4%ba%ba%e3%81%8c%e5%9b%9e%e7%ad%94%ef%bc%81%e3%80%8c%e7%a4%be%e4%bc%9a%e4%ba%ba%e3%81%ae%e5%ad%a6%e3%81%b3%e3%80%8d%e5%ae%9f%e6%85%8b%e8%aa%bf%e6%9f%bb%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%82%b8-2

2,700人が回答!「社会人の学び」実態調査

調査結果 概要

★ 半数が「学び」を現在実践している/実施したことがあると回答。

★ 学びを実践中の方の学習テーマ、トップは「経営・ビジネスに必要な知識・能力」。学習時間は「週に1~3時間未満」が最多。学習時間が長いのは20代以下・50代以上。

★ 学びを実践予定の方が想定している学習テーマは、「専門的な資格の取得」。学びたい理由は、「自身の市場価値を高めるため」が最多。

★ 学びを実践したことがない方の8割が、学びへの関心あり。学びを行なわない理由は、「学費や受講料の負担が大きい」から。

2022.4.27 エン・ジャパン

%e3%80%8c%e5%8d%b8%e5%a3%b2%e6%a5%ad%e3%83%bb%e5%b0%8f%e5%a3%b2%e6%a5%ad%e3%81%ae%e7%a4%be%e5%93%a1%e3%81%ab%e6%b1%82%e3%82%81%e3%82%89%e3%82%8c%e3%82%8b%e3%81%93%e3%81%a8%e3%81%ae%e5%a4%89%e5%8c%96

「卸売業・小売業の社員に求められることの変化」に関する結果

調査結果の概要
1. この 10 年で卸売業・小売業社員の役割「変化した」が 6 割
2. 管理職のあるべき姿 TOP3 は「コンプラ重視」「効率的」「スキルアップ」、実態とは大きな乖離あり
3. 管理職に重視されるスキルは「マネジメント」が最多。市場環境の変化の影響が色濃く出る
4. 一般社員に期待されるのは、個人ではなくチームで協力して成果を上げること
5. 一般社員の重要スキル「タイムマネジメント」「IT・デジタルリテラシー」が過半数、「言語化する力」も 4 割超

(以上原文引用※詳細はタイトルをクリックしてください)

2022.4.27 ラーニングエージェンシー

%e7%ac%ac-9-%e5%9b%9e%e3%80%8c%e5%83%8d%e3%81%8f%e4%ba%ba%e3%81%ae%e6%84%8f%e8%ad%98%e8%aa%bf%e6%9f%bb%e3%80%8d%e6%97%a5%e6%9c%ac%e7%94%9f%e7%94%a3%e6%80%a7%e6%9c%ac%e9%83%a8

第 9 回「働く人の意識調査」

わが国の景況感:現在の景気、今後の景気見通しともに悲観的な見方が強まる

労働時間等の変化:労働時間・業務量・家事時間がすべて増加、家事時間は女性に偏り

Off-JT、OJT、自己啓発の実施状況:OJTは低調が続く、「人への投資」は喫緊の課題

働き方の変化:テレワーク実施率は約2割で推移、在宅勤務の満足度は過去最高に

(以上原文引用※詳細はタイトルをクリックしてください)

2022.4.22 日本生産性本部

1on1-%e3%83%9f%e3%83%bc%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0%e5%b0%8e%e5%85%a5%e3%81%ae%e5%ae%9f%e6%85%8b%e8%aa%bf%e6%9f%bb%e3%83%aa%e3%82%af%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%9e%e3%83%8d%e3%82%b8

1on1 ミーティング導入の実態調査

1on1 ミーティング導入の目的 1 位は「社員の主体性・自律性の向上」
上司部下の関係性が良くなったなどの効果がある一方、上司の面談スキル不足など課題も明らかに

(以上原文引用※詳細はタイトルをクリックしてください)

2022.4.25 リクルートマネジメントソリューションズ

2700%e4%ba%ba%e3%81%8c%e5%9b%9e%e7%ad%94%ef%bc%81%e3%80%8c%e7%a4%be%e4%bc%9a%e4%ba%ba%e3%81%ae%e5%ad%a6%e3%81%b3%e3%80%8d%e5%ae%9f%e6%85%8b%e8%aa%bf%e6%9f%bb%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%82%b8

2,700人が回答!「社会人の学び」実態調査

調査結果 概要

★ 半数が「学び」を現在実践している/実施したことがあると回答。

★ 学びを実践中の方の学習テーマ、トップは「経営・ビジネスに必要な知識・能力」。学習時間は「週に1~3時間未満」が最多。学習時間が長いのは20代以下・50代以上。

★ 学びを実践予定の方が想定している学習テーマは、「専門的な資格の取得」。学びたい理由は、「自身の市場価値を高めるため」が最多。

★ 学びを実践したことがない方の8割が、学びへの関心あり。学びを行なわない理由は、「学費や受講料の負担が大きい」から。

(以上原文引用※詳細はタイトルをクリックしてください)

2022.4.27 エン・ジャパン

%e4%bc%81%e6%a5%ad%e3%81%ae%e5%a4%89%e9%9d%a9%e3%81%ab%e9%96%a2%e3%81%99%e3%82%8b%e5%be%93%e6%a5%ad%e5%93%a1%e6%84%8f%e8%ad%98%e8%aa%bf%e6%9f%bb%e9%9b%bb%e9%80%9a

企業の変革に関する従業員意識調査

【6つのファインディングス】
① 変革に対して自社からの情報発信がなされていると回答した従業員は9割近くにのぼり、多くの企業で変革を推し進めようとしている実態が明らかになった。
② 75.3%の従業員が自社の変革の必要性を感じており、43.9%が自社の変革に期待が持てると回答した。
③ 自社の変革に対して、「自身が何らかの行動を起こしている」と回答した従業員は32.3%にとどまる一方で、「行動していない/うまくいかない/ついていけない」と回答した層は38.3%。
④ 自社の変革に対して、自らが「行動していない/うまくいかない/ついていけない」と回答した方にその理由を聞いたところ、「ビジョンの提示不足・不透明さ」(27.9%)「社内における浸透不足」(26.2%)が課題とされた。
⑤ 自社の変化に対する不安を聞いたところ、「特に不安はない」と回答した従業員は12.2%にとどまり、約9割の従業員が何らかの不安を感じていることが分かった。
⑥ 変化に対して企業からどのようなサポートをされると良いか、という質問に対しては、「どのような会社になりたいか、どんな事業をなりわいにするかのビジョンの発信」(39.2%)が最も多い結果となった。このことからも、従業員の変革へのエンゲージメントにはビジョンの浸透が重要である、と考えられる。

(以上原文引用※詳細はタイトルをクリックしてください)

2022.4.19 電通

%e3%80%8c%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%80%8d%e3%81%ab%e9%96%a2%e3%81%99%e3%82%8b%e8%aa%bf%e6%9f%bb%e5%ad%a6%e6%83%85

「リスキリング」に関する調査

【TOPICS】
(1) 8割以上の20代が、「企業がリスキリングを支援していることを知ると、志望度が上がる」と回答
(2) リスキリングに関する取り組みを、転職活動で意識する20代が6割を超える
(3) リスキリングを支援する企業に「好感が持てる」と回答した20代が9割に迫る

(以上原文引用※詳細はタイトルをクリックしてください)

2022.4.11 学情

%e3%80%8c%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e3%83%91%e3%83%bc%e3%82%bd%e3%83%b3-1000-%e4%ba%ba%e8%aa%bf%e6%9f%bb%e3%80%8d%e3%80%90%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%8a%e3%83%bc-2

「ビジネスパーソン 1000 人調査」【ビジネスマナー編】

【トピックス】
1. ビジネスマナーを必要だと思う人が8割超。ただし、20 代男性では 65.5%と低め
2. 5 割の人がビジネスマナーで不快な思いをしたことがある
不快な思いをしたマナーの1位は「言葉遣い・敬語の使い方(54.7%)」、2 位「話し方・聞き方(51.3%)」、3 位「あいさつ(41.4%)」
3. マナーとして気になる行動は、「会議や打ち合わせ中に携帯・スマートフォンをいじる」が 1 位
相手が社外の場合では 73.1%、社内の場合では 68.6%、が「気になる」と回答
4. リモートワークの影響か?それほど重要視する必要がないと思うマナーは、1 位「名刺交換」、2 位「会議室・応接室での上座下座」、3 位「服装と身だしなみ」
5. 3 割の人がビジネスマナーについて学んだ機会がない。
「研修機会があったほうがよい」との回答が、76.1%に達する

(以上原文引用※詳細はタイトルをクリックしてください)

2022.3.29 日本能率協会

%e6%8e%a1%e7%94%a8%e6%8b%85%e5%bd%93%e8%80%85%e3%81%8c%e8%a9%95%e4%be%a1%e3%81%99%e3%82%8b%e3%80%8c%e3%82%b3%e3%83%9f%e3%83%a5%e3%83%8b%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e8%83%bd%e5%8a%9b

採用担当者が評価する「コミュニケーション能力」とは?

~ 採用担当者と学生、それぞれに聞いた“コミュニケーション能力”に対する認識について ~

【調査結果について】
今回の調査では、「挨拶やお礼がきちんとできる」「敬語を的確に使いこなすことができる」といった“礼節に関わる項目”が採用担当者・学生ともに高いスコアをつけた一方、「集合時間や提出期限などの決められた時間を、きちんと守ることができる」「メールや電話の返信が早い」といった“集団活動内でのタイムマネジメント”に関わる項目については、採用担当者と学生間での認識のギャップが見受けられました。

(以上原文引用※詳細はタイトルをクリックしてください)

2022.4.11 ステラス

%e5%85%a5%e7%a4%be1%e5%b9%b4%e7%9b%ae%e7%a4%be%e5%93%a1%e3%81%ae%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%aa%e3%82%a2%e6%ba%80%e2%be%9c%e5%ba%a6%e8%aa%bf%e6%9f%bb%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%b9%e3%82%b3

入社1年目社員のキャリア満⾜度調査

<調査結果詳細(一部抜粋)>

■ 勤務先企業への満足度

■ 入社後に感じたギャップ

■ 転職意向

(以上原文引用※詳細はタイトルをクリックしてください)

2022.3.24 ディスコ

%e3%80%8c%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e3%83%91%e3%83%bc%e3%82%bd%e3%83%b3-1000-%e4%ba%ba%e8%aa%bf%e6%9f%bb%e3%80%8d%e3%80%90%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%8a%e3%83%bc

「ビジネスパーソン 1000 人調査」【ビジネスマナー編】

【トピックス】
1. ビジネスマナーを必要だと思う人が8割超。ただし、20 代男性では 65.5%と低め
2. 5 割の人がビジネスマナーで不快な思いをしたことがある
不快な思いをしたマナーの1位は「言葉遣い・敬語の使い方(54.7%)」、2 位「話し方・聞き方(51.3%)」、3 位「あいさつ(41.4%)」
3. マナーとして気になる行動は、「会議や打ち合わせ中に携帯・スマートフォンをいじる」が 1 位
相手が社外の場合では 73.1%、社内の場合では 68.6%、が「気になる」と回答
4. リモートワークの影響か?それほど重要視する必要がないと思うマナーは、1 位「名刺交換」、2 位「会議室・応接室での上座下座」、3 位「服装と身だしなみ」
5. 3 割の人がビジネスマナーについて学んだ機会がない。
「研修機会があったほうがよい」との回答が、76.1%に達する

(以上原文引用※詳細はタイトルをクリックしてください)

2022.3.29 日本能率協会

top