%e4%ba%ba%e7%9a%84%e8%b3%87%e6%9c%ac%e7%b5%8c%e5%96%b6%e3%81%ab%e9%96%a2%e3%81%99%e3%82%8b%e5%83%8d%e3%81%8f%e4%ba%ba%e3%81%ae%e6%84%8f%e8%ad%98%e8%aa%bf%e6%9f%bb%ef%bc%882022%ef%bc%89%e3%83%aa

人的資本経営に関する働く人の意識調査(2022)

企業の人的資本の活性度は約 30~40%にとどまる
―働く人と企業が、共に人的資本を育む時代へ―
スキルや持ち味に目を向けたコミュニケーションが、最適な配置やジョブ・アサインメントの鍵

(以上原文引用※詳細はタイトルをクリックしてください)

2022.9.29 リクルート

%e4%bc%81%e6%a5%ad%e3%81%8c%e6%b1%82%e3%82%81%e3%82%8b%e4%ba%ba%e6%9d%90%e5%83%8f%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%83%88%e5%b8%9d%e5%9b%bd%e3%83%87%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%90%e3%83%b3%e3%82%af-2

企業が求める人材像アンケート

調査結果

  1. 採用活動においてどのような人材像を求めているかを尋ねたところ(3つまでの複数回答)、「コミュニケーション能力が高い」(42.3%)と「意欲的である」(42.2%)が4割超となった。採用形態については、大企業の48.8%が「新卒採用がメイン」、中小企業の60.0%が「中途採用がメイン」と回答した
  2. 採用形態別で比較すると、新卒採用をメインとする企業では「コミュニケーション能力が高い」「精神的にたくましい」を望む割合が高い傾向にある一方、中途採用をメインとする企業では「真面目、または誠実な人柄である」「専門的なスキルを持っている」を望む割合が高い傾向がある

(以上原文引用※詳細はタイトルをクリックしてください)

2022.9.12  帝国データバンク

%e8%81%b7%e5%a0%b4%e3%81%ae%e4%bc%91%e6%86%a9%e3%81%ab%e9%96%a2%e3%81%99%e3%82%8b%e8%aa%bf%e6%9f%bbjt

職場の休憩に関する調査

(以上原文引用※詳細はタイトルをクリックしてください)

2022.9.8 JT

%e8%8b%a5%e6%89%8b%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%80%e3%83%bc%e3%81%ab%e6%9c%9f%e5%be%85%e3%81%99%e3%82%8b%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%ab%e3%81%ab%e9%96%a2%e3%81%99%e3%82%8b%e5%ae%9f%e6%85%8b%e8%aa%bf%e6%9f%bbm

若手リーダーに期待するスキルに関する実態調査

<調査結果のポイント>
①若手リーダーが現在身についているスキルは、「結果に対するこだわり(責任感)」(44.2%)が最多
②今後若手リーダーに身につけて欲しいスキル、第1位は「周囲を巻き込む力」(44.0%)
③回答者(マネジメント層)の6割が若手リーダーにスキルを身につけるための学習機会を「与えられている」と回答

(以上原文引用※詳細はタイトルをクリックしてください)

2022.9.14 manebi

%e6%96%b0%e4%ba%ba%e3%83%bb%e8%8b%a5%e6%89%8b%e7%a4%be%e5%93%a1%e3%81%ae%e3%80%8cojt%e3%80%8d%e3%81%ab%e9%96%a2%e3%81%99%e3%82%8b%e8%aa%bf%e6%9f%bb%e7%b5%90%e6%9e%9c%e6%97%a5%e6%9c%ac%e8%83%bd

新人・若手社員の「OJT」に関する調査結果

主な調査結果

■約9割の企業が、新人・若手社員へのOJTに「課題がある」と回答

■OJTの主な課題は、「指導者」に関する課題

■具体的な改善策は、「OJTの仕組み化」

(以上原文引用※詳細はタイトルをクリックしてください)

2022.9.7 日本能率協会マネジメントセンター

%e3%83%9f%e3%83%89%e3%83%ab1700%e4%ba%ba%e3%81%ab%e8%81%9e%e3%81%8f%e3%80%8c%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%80%8d%e5%ae%9f%e6%85%8b%e8%aa%bf%e6%9f%bb%e3%82%a8%e3%83%b3

ミドル1700人に聞く「リスキリング」実態調査

調査結果 概要

★31%が「現在、リスキリングに取り組んでいる」と回答。

★リスキリングを始めたきっかけ、「仕事で必要性を感じて自発的に始めた」が81%。目的は「新しい仕事への挑戦」「キャリアの市場価値向上」「将来の起業・副業・転職のため」。

★リスキリングに取り組んでいる分野、「語学」「ITリテラシー」「データサイエンス」が上位。

★リスキリングに取り組んで良かったことは「新しいスキル習得」、課題は「学習時間の確保」。

(以上原文引用※詳細はタイトルをクリックしてください)

2022.9.8 エン・ジャパン

2022%e5%b9%b4%e5%ba%a6%e6%96%b0%e5%85%a5%e7%a4%be%e5%93%a1%e6%84%8f%e8%ad%98%e8%aa%bf%e6%9f%bb%e6%97%a5%e6%9c%ac%e8%83%bd%e7%8e%87%e5%8d%94%e4%bc%9a

2022年度新入社員意識調査

【トピックス】
1. 理想の上司・先輩は、「仕事について丁寧に指導する人(71.7%)」が 1 位で 2012 年以降の調査で過去最高。2012 年度数値の高かった「場合によっては叱ってくれる上司・先輩」や「仕事の結果に対する情熱を持っている上司・先輩」は大幅にダウン。
2. 仕事の不安は、人間関係「上司・同僚などの職場の人とうまくやっていけるか(64.6%)」が 1 位
3. 抵抗がある業務は、「指示が曖昧なまま作業を進めること」が 1 位
4. 意欲や能力を高めるための上司や人事への期待は、「成長や力量に対する定期的なフィードバック」が 6 割
5. 仕事よりもプライベートを優先したい人は8割
6. 仕事は、「量」より「質」で評価してほしいが 8 割
7. キャリアイメージを描いている人は 5 割。そのうち 5 年先が3割。10 年先が 3 割。

(以上原文引用※詳細はタイトルをクリックしてください)

2022.9.12 日本能率協会

%e4%bc%81%e6%a5%ad%e3%81%8c%e6%b1%82%e3%82%81%e3%82%8b%e4%ba%ba%e6%9d%90%e5%83%8f%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%83%88%e5%b8%9d%e5%9b%bd%e3%83%87%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%90%e3%83%b3%e3%82%af

企業が求める人材像アンケート

アンケート結果(要旨)
1. 採用活動においてどのような人材像を求めているかを尋ねたところ(3 つまでの複数回答)、「コミュニケーション能力が高い」(42.3%)と「意欲的である」(42.2%)が 4 割超となった。採用形態については、大企業の 48.8%が「新卒採用がメイン」、中小企業の 60.0%が「中途採用がメイン」と回答した
2. 採用形態別で比較すると、新卒採用をメインとする企業では「コミュニケーション能力が高い」「精神的にたくましい」を望む割合が高い傾向にある一方、中途採用をメインとする企業では
「真面目、または誠実な人柄である」「専門的なスキルを持っている」を望む割合が高い傾向がある

(以上原文引用※詳細はタイトルをクリックしてください)

2022.9.12  帝国データバンク

2022%e5%b9%b4%e5%ba%a6%e3%80%8c%e4%bc%81%e6%a5%ad%e3%81%ae%e7%9d%a1%e7%9c%a0%e8%b2%a0%e5%82%b5%e3%80%8d%e5%ae%9f%e6%85%8b%e8%aa%bf%e6%9f%bb%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%ad%e3%82%b9%e3%83%9a

2022年度「企業の睡眠負債」実態調査

■主な調査結果サマリー

  1. ビジネスパーソンのどの年代も約6割が自身の睡眠に不満を抱えている。社会人になって間もない若手社員であっても、他の年代と課題感は変わらない
  2. 年代ごとに多くを占める悩みの傾向が異なる。若手社員は「朝起きるのがつらい」中堅社員・管理職の年代は「寝ても疲れが取れない」ミドルからシニアの年代は「途中で目が覚める」が一番多くを占める
  3. 睡眠の満足度は日中の生産性に影響を及ぼしている。睡眠満足度が低いビジネスパーソンの半分が、睡眠のせいで日中に支障が起きていると認識
  4. 睡眠の満足度に影響する要因ごとの特徴が明らかに。良い眠りのために必要な生活習慣の実施率が低く、平日睡眠時間が6.5時間を切る傾向を確認。特に、寝る前のオンオフ切り替えに大きな課題あり

(以上原文引用※詳細はタイトルをクリックしてください)

2022.9.3 ニューロスペース

%e8%bb%a2%e8%81%b7%e3%81%ab%e3%82%88%e3%82%8b%e5%b9%b8%e7%a6%8f%e5%ba%a6%e3%81%ae%e5%ae%9f%e6%85%8b%e3%82%92%e8%aa%bf%e6%9f%bb%e8%ad%98%e5%ad%a6

転職による幸福度の実態を調査

トピックス
■転職の理由トップ3
1位︓給与を上げたかった 2位︓会社の将来への不安 3位︓会社のビジョン・⽅針が合わない
■「後悔・失敗したと思った」のは59.7%
(理由トップ3)
1位︓給与が思ったより低かった 2位︓組織⾵⼟が合わなかった 3位︓役職・業務内容が異なった
■評価制度の不透明さ、上司のマネジメントに困惑する転職者
■うたい⽂句と実態が違ったのは「やりがいのある仕事」と「成⻑できる環境」
<解決のカギ>定量的で明確な評価制度と機能する組織

(以上原文引用※詳細はタイトルをクリックしてください)

2022.9.1  識学

%e3%80%90%e8%8b%a5%e6%89%8b%e7%a4%be%e5%93%a1%e3%81%ae%e6%84%8f%e8%ad%98%e8%aa%bf%e6%9f%bb%e3%80%91%e5%85%a5%e7%a4%be%e5%89%8d%e5%be%8c%e3%81%ae%e3%82%ae%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%97%e7%b7%a8%e3%83%bc

【若手社員の意識調査】入社前後のギャップ編ー社会人1年目ー(離職意向別)

調査結果の概要
1. 離職意向ありは、ない人よりも入社時のギャップを感じる割合が高く、約 10pt の差
2. 離職意向ありがネガティブに感じるギャップの上位は「仕事の難易度」「生活リズムや考え方」
3. 離職意向ありが最も『会社を辞めたくなった』と感じたギャップは「社会人の生活リズムや考え方の習得」
4. 仕事に関するものは、離職意向ありは『不満』、離職意向なしは『不安』の感情に繋がりやすい
5. 『会社を辞めたくなった』ギャップ、生活リズムに続き「上司との関係性」の 3 項目が上位に
6. 離職意向ありは、職場の雰囲気・文化のギャップに対し、『不安・大変』とマイナスの感情を抱く
7. 様々な感情の中で、上司との相談における『安心した』が離職意向ありなしで最大の差

(以上原文引用※詳細はタイトルをクリックしてください)

2022.8.31 ラーニングエージェンシー

%e8%81%b7%e5%a0%b4%e3%81%ae%e5%bf%83%e7%90%86%e7%9a%84%e5%ae%89%e5%85%a8%e6%80%a7%e3%83%ad%e3%82%b8%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%bb%e3%83%96%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%83%b3

職場の心理的安全性

約9割が良い状態で仕事に取り組むには心理的安全性が重要と回答

(以上原文引用※詳細はタイトルをクリックしてください)

2022.8.18 ロジック・ブレイン

top